ISD個性心理学(元動物占い)は、

「統計学」や「分類学」を基にヒトの個性を探求したものです。

13f4f0b3311c5808835d2e45e2e5099c_s

ヒトにはそれぞれ、性格や考え方があり、モノの捕らえ方など

全く異なることはもちろんご承知かと思います。

自分と他人は異なるからこそ、

日々直面する人間関係の中でストレスや摩擦が起こると考えられているのです…

 

77d32c0a7334b73c520455e6cb5685f0_s

コミュニケーションスキルは人生の大きな財産。

誰ひとり、一人で生きていくことはできません。

コミュニケーションは自分と相手を知ることから始まります。

 

ISD個性心理学では、性別、出身地、血液型をこえて、必ず誰しもがもつ

「生年月日」を定義(アルゴリズム)で分類し、それぞれの個性を把握することを可能としました。

 

大きく分けると3分類、(太陽、地球、月)

更に12分類(動物12種)、60分類(動物12種をさらに詳しい特徴で表した60種)とグループ化し、

最終的に100万通り以上に分類できることで、

より個別化した個性の発見とその活用へと体系化されています。

仕事・家庭・友人と、全てのコミュニケーションは人間関係の軸となります。

ビジネスを繋ぐ力であり、自身を高める力になるのです。

「自分を知る」ことで『継続的なモチベーション』をつくり、

「相手を知る」ことで『円滑な関係』をつくる、その為の指針がISD個性心理学なのです。