メルカリ利用に自分なりの「マイルール」を決めてみる

私はメルカリ活用、攻略などのガイドはほとんど読んでいません。

 

今のところメルカリを利用するにあたり、大きな壁にぶつかっていないことや

比較的好調に売れていると感じているからです。

 

一般的な情報はご自身で検索して知識やコツを収集してみてください。

 

ここではモノを整理するためにメルカリを活用したわたしが

約半年間の取引で得たコツやちょっとしたこだわり、感想などをお伝えする一個人の情報として書いてみたいと思います。

 

メルカリで販売する上でのマイルール

 

メルカリで決まっている基本ルールがもちろんありますが、

私はその中でトラブルのないスムーズな取引でメルカリを活用したいので、

試行錯誤しながら販売する上でのマイルールを作っています。

 

 

プロフィールに「購入前にコメントをお願いします」のひとことを

 

出品ページではコメント欄で質問などのやり取りが可能になっています。

 

メルカリでは購入前のコメントは不要ですが、

あえてプロフィールのページで「購入前にコメントをお願いします」と記載しています

購入前にコメントを下さる方は私のプロフィール欄は見て頂けているだろうな、と判断しています。

 

 

プロフィールには、メルカリで出品している理由や発送上のお断りなど、

快適にメルカリでお取引する上での心構えも含めて書いています。

 

新品の製品を不特定多数の方へのネット販売ではなく、

基本使用した中古品、不要品を顔が見えない相手に販売する取引です。

 

購入者が出品者や品物に不安に感じるのは自然ですので、

プロフィール欄ではできるだけ、購入者に安心感や信頼感をお伝えできるような情報を書いています。

 

それを読んでひと手間を惜しまずにコメント欄で購入意思を伝えてくださる方とは

気持ちのよいスムーズな取引の第一歩になるのではないかと思っています。

 

(コメントなしで購入される方もいらっしゃいますが、そのままお取引はしています。違反ではないので^^)

 

商品画像は詳しく丁寧に撮影して載せる

 

例えば、洋服はハンガーにかけて、白い壁のシンプルな背景で商品が美しく見えるように撮影しています。

 

過度な画像加工は控えますが、暗くてわかりずらい、質感が伝わらない、という事のないように

午前中の太陽光が差し込む部屋で肉眼で見た感覚に近い写真になるように意識します。

 

 

 

新品画像や撮影時の小道具は必要?

 

私の場合は状態の良い中古品をできるだけ手頃に購入したい、と思う方に見て頂きたいので

他のHPなどに掲載されている同じ製品の新品画像を転載しないようにしています。

 

ネット販路のひとつとして新品をメルカリに出品しているもの数多くあるので

購入者への紛らわしさを緩和したいのも理由のひとつです。

 

 

また、フェイクグリーンなどの撮影小道具は必要ないと思っています。

逆に慣れた感じが商用利用にメルカリに出品している印象になるのではと考えているからです。

 

小道具や文字入れなどで加工するより、販売したい商品のリアルな状態を伝える努力をすることを

意識しています。

 

載せたい画像が掲載可能な4枚より多くなってしまったら…

 

メルカリではスクエア(正方形)の画像を1~4枚まで掲載できます。

 

商品タグや傷んでる箇所の画像が多くてそのままでは載せきれない時は

私はスマホアプリ「Line Camera(ラインカメラ)」のコラージュモードで画像を1枚に編集します。

 

 

このように洋服のタグや不具合の確認画像などの複数枚を

1枚の画像に加工して載せるようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です