ひとくぎりついた遺品整理

先週末
大好きだった祖母の一周忌と

先に旅立った祖父の十三回忌を
身内総勢17人で行いました

祖母の葬儀にはまだお腹の中にいた
従兄弟夫婦の新しい命は

もう7ヶ月に成長していて
継がれる命を感じました

集まった親戚とは年に一度
お正月に祖父母宅にて

血縁という大きな家族として
長年交流をしてきました

息子である父と
母が住むことになった祖父母宅で

楽しいひと時を過ごした皆の姿を

祖父母は見守り
喜んでくれているだろうなと思いました

95歳まで元気だった
祖母は多趣味で

たくさんの作品を
遺していました

形見分けとしてもらった
祖母の作品

芋版の絵画と書
我が家の和室に飾っています

ベースの模様が芋版です

さつまいもに模様を彫り

色を付けながら
布や紙に版を押して作ります

私は芋版を経験していませんが
祖母の作業中の様子を見ていた時

かなり根気やセンスがいりそうで
真似できないなぁ…と思った記憶があります

歌を詠んでいるのですが

中央の「久方の」と

「静子」と
祖母の名前しか読めません・・・・

どなたがこの祖母の詩を

訳してくださる方が
いらっしゃったら

ご一報くださると
とても嬉しいのですが…クローバー

その他、祖母が使っていた

たくさんの手芸材料や作品を
持ち帰っていました

どれも私が小さい頃
もらった記憶が残る

懐かしい手作り品たちが
手付かずの状態でしたが

1年経ってようやく昨日
厳選して整理することができました

遺品整理はこころの整理がつく頃

ようやくできるものなのだと
身を持って知りました

これらの収納場所は
和室の壁面と祖母との思い出ボックスに

祖母と過ごした思い出を
大切に残したいと思います

(おまけ)

枚方に住む
おじちゃんおばちゃんが育てた
自然の恵を頂きましたキラキラ

このボリュームで4家族分
お持ち帰りを用意してくれて驚きです目

トマトはそのまま

きゅうりは塩+ごま油でシンプルに

ナスは豚肉と梅干しで
さっぱりと炒め物に

美味しく頂きました音譜
ごちそうさまでしたナイフとフォーク

ランキングに参加していますアップ
応援の1クリック!おねがいしますクローバー

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Follow me!

ひとくぎりついた遺品整理” に対して 6 件のコメントがあります

  1. Select Life より:

    SECRET: 0
    PASS:
    すごく達筆な文字に素敵な芋版?
    素敵なおばあちゃんだっただろうね?
    わたしのおばあちゃんのお姉さんが
    習字で師範持たれてるはずだから
    次回、実家に帰る時に訳してもらうね?

  2. 山口 麻里 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    おばあさんの美的センスは
    十分に感じれるぅ~ 
    素敵だわ~♪♪♪

  3. Emily より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >Select Lifeさん
    おばあちゃんのこと、そんな風に言ってもらえて嬉しい?
    しかも師範様に見て頂けるなんて!
    心遣いありがとう~(*´∀`*)

  4. Emily より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >山口 麻里さん
    ありかとう、おばあちゃんが美的センス有りだなんて!
    きっと天国で喜んでる?
    そう読めないんだけど
    解読できる日が来るかもしれないの?

  5. かおり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    「ひさかたの ひかりのどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」
    だと思います。
    この記事をアップされた頃、百人一首にあったものだなとすぐに分かったのですが、コメントしてる間がありませんでした。
    最近アップされた記事のリンクで思い出しまして、遅ればせながらお知らせさせて頂きました。
    「ひさかたの」ぐらいで検索されれば、深くご説明になってる方がたくさんいましたので、そちらをご覧ください^^。
    いつも読み逃げでごめんなさい。楽しく拝読しております。

  6. Emily より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >かおり様
    コメントいただき本当に
    ありがとうございます!
    百人一首のこの歌、意味はわからずに
    覚えていましたが
    早速調べて理解できました
    祖母が住んでいた家からは
    桜を眺めることができます
    桜の季節の穏やかな晴れの日に
    この作品を手がけていたのかもしれません
    来年はこの事を思い出しながら
    今は父母が住む祖母の家から
    花見をしようと思います
    お忙しい中、
    ご丁寧なご連絡をいただき感謝しております。
    そしてブログもご覧いただき
    ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です