モノを捨てられなかった心優しい大人男子

昨日のよみうりテレビ
関西情報ネット「ten」

ご覧になりましたか?

あなたの味方
お役に立ちます!というコーナーの

ある親子の願いを叶えるキラキラ内容でした

金城先生は

働きながら資格取得の猛勉強をするも

モノにあふれてしまっている
息子さんのお部屋を

勉強に集中できるように
片付けたいという願いを

叶える助っ人として
ご出演されていましたテレビ

依頼者が
子供の頃から捨てられずにいた
たくさんのミニカーや絵本を前に

金城先生、

「捨てるものを考えず
何を残すのかを考えてみましょう!!らぶ②

車 電車 新幹線 バス 地下鉄

ほとんどの方が

片づけ=捨てなきゃいけない
そうお考えだと思います

依頼者も
「捨てて下さい」といわれると思った

とコメントされていました

部屋に長年残されていたモノたちには
何か理由があります

この立派に成人された依頼者が

たくさんのミニカーや絵本を
捨てられずにいたその理由…

それは
たっぷり愛情を注いで
育ててこられた

お母様からの
大切なプレゼントだったから…プレゼント

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

整理収納は

モノを「要」「不要」に分ける
【整理】の作業からスタートしますが

この【整理】は
お客様ご自身がモノと向きあう作業です

整理収納アドバイザーは

この作業のコツやヒントを
お伝えした上で

整理に取り組むお客様の背中を
そっと後押しします

金城先生は
思い出の品を残すモノを選ぶヒントとして

「思い出の記憶が鮮明に残っているものを

選びましょうらぶ②」と

アドバイスされました

そして無事に
思い出の品々を選びぬかれて

中身が見える透明の収納ボックスに
収められましたキラキラ

思い出の品と向き合うクライアントに
寄り添う姿と整理のコツを

金城先生から
学ばせていただきました本

(おまけ)

義姉におねだりして
娘の出産のプレゼントとしてもらった

ボーネルンド ルーピング チャンピオン

色鮮やかでぬくもりのある
このおもちゃは

子供達が使わなくなっても
見ると私が子供のようにワクワクします笑

これだけは譲る気持ちになれない
大切な私の!?おもちゃですラブラブ

〈関連記事〉

うちの子の思い出の品のお片づけ

小さい頃からモノと向き合う
トレーニングのつもりでやっています

ランキングに参加していますアップ
応援の1クリック!おねがいしますクローバー

にほんブログ村 その他生活ブログ 整理収納アドバイザー・コンサルタントへ にほんブログ村 インテリアブログ シンプルナチュラルインテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です